ほうれい線予防には紫外線対策が大切

ほうれい線は年齢による肌の筋肉やハリが低下することで起こるのが大きな原因ですが、他にも紫外線ダメージによる光老化でしわやたるみを引き起こす場合があります。
紫外線対策というと美白というイメージがありますが、しっかりと紫外線対策を行うことで、ほうれい線の予防にも役立つと言われているので、しわケアだけでなく、紫外線対策を行いながら、美白も得られる美白化粧品でのスキンケアもしっかりと行うことが美しい肌の維持におすすめです。

 

※美白:メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ

 

ほうれい線周りのシワ予防にも役立つ?

美白化粧品にはシミの予防に働きかける成分が含まれています。
この成分を配合している化粧品を選ぶことで、シワ対策と美白の両方のケアをカバーできます。

 

おすすめの成分ビタミンC誘導体

美白には欠かせないビタミンC誘導体。
ビタミンCに比べて浸透率がいいのが特徴とされています。

 

ビタミンC誘導体はシミやそばかすの原因のメラニン生成を抑え、メラニンを体外へと排出し、ターンオーバー新陳代謝の活性化に効果があると考えられており、肌の引き締めやハリを作るコラーゲンの生成をサポートする働きもあり、美容に欠かせない成分と評判です。

 

できてしまったシミケアに役立つハイドロキノン

ハイドロキノン成分はそばかすを消すといった時に挙げられることが多い成分の一つです。
元々は医療機関での扱いとなっていましたが、今ではハイドロキノン成分配合の化粧品も多くあります。

 

シミやそばかす対策のための化粧品を探している場合は、ハイドロキノンを配合している化粧品もチェックしてみると良いでしょう。

 

紫外線対策を日々のスキンケアで予防することは、たるみやしわの予防にも繋がると考えられています。普段のスキンケアにプラスしてあげることで、必要以上にコストをかけずにケアすることもできます。

 

おすすめのほうれい線対策コスメ

ほうれい線


関連ページ

ほうれい線ができはじめる平均年齢
ほうれい線ができはじめる平均年齢は?顔にできてしまうほうれい線は多くの方が年齢を重ねるにつれ目立ち始めてきます。ほうれい線ができはじめる時期には個人差がありますが、でき始める年齢を知る事で予防に役立てられるかもしれません。
顔の筋肉の関係性
ほうれい線と顔の筋肉の関係性について考えます。顔のたるみの原因の一つでもある顔の表情筋や皮膚の奥の弾力繊維の衰えがほうれい線のしわやたるみにどのような影響があり、顔の筋肉を強化することの大切さについてご紹介しています。