ほうれい線ができはじめる平均年齢は何歳?

ほうれい線,年齢,平均年齢

顔にできてしまうシワにはほうれい線と呼ばれるものがあります。
鼻から口のわきにかけてできるものになりますが、できはじめる平均年齢は、多くは30代前半と言われています。

 

30代は肌の衰えが現れ始める年齢

この年齢に達している方の多くは、顔の肌質に変化が出ていることが多く、コラーゲンなどの量も減少してくる人が多くなってくると言われています。
人によっては10代や20代の若年層であってもほうれい線ができている方が存在しており、このタイプの多くは骨格が起因している場合が多々あるそうです。

 

年齢に限らず行うべきスキンケアの大切さ

しかし、スキンケアに関してはできるだけ早い段階から実施することが推奨されており、その一環として紫外線対策を若いうちから行うことも良いとされています。

 

若かりし日には意識的にスキンケアを行う方が少ないことも事実としてあることですが、特に女性の場合では蓄積された紫外線によって、シワやシミなどが発生してしまうことが多いために、早期に対策を行うことによって、将来的にほうれい線の発生を遅らせられる可能性があります。

 

ほうれい線ができ始める平均年齢は30代前半とされていますが、人によって程度の違いもあります。
深く刻まれてしまった場合では、実年齢よりも老けて見られる傾向にあるために、クレンジングから保湿を行うことは基本ですが、状態次第ではサロンや美容整形の利用もおすすめです。

 

おすすめのほうれい線対策コスメ

ほうれい線



関連ページ

顔の筋肉の関係性
ほうれい線と顔の筋肉の関係性について考えます。顔のたるみの原因の一つでもある顔の表情筋や皮膚の奥の弾力繊維の衰えがほうれい線のしわやたるみにどのような影響があり、顔の筋肉を強化することの大切さについてご紹介しています。
紫外線対策
ほうれい線の予防のための紫外線対策について解説しています。紫外線によるダメージは光老化を引き起こし、肌にシワやたるみができる原因にもなりますので、紫外線対策ケアをもう一度見直してみましょう。