ほうれい線と顔の筋肉の関係性とは?

ほうれい線,筋肉

まぶたや目の下、アゴのラインなど垂水が目立つ顔のパーツはたくさんありますが、その中でもほうれい線は大変たるみが気になるパーツです。

 

こうしたたるみの原因は皮膚の奥の弾力繊維の影響と、顔の筋肉の影響、大きく分けて二つの原因の関係性により起こってしまうと考えられています。

 

顔のたるみを支える筋肉

特にほうれい線が気になる口の周りには多くの筋肉があります。
口角を外側に引き上げてエクボを作る笑筋、唇を閉じる働きをする口輪筋、広角を引き上げる頬の小頬骨筋、そしてほほ全体を包む頬筋などが複雑に関係しあって口周りを維持していると言われています。

 

顔の周りの筋肉を鍛える予防策

ほうれい線のケアをするためにはこうした様々な種類の筋を鍛えて、引き締めることが必要と考えられています。
頬の筋力を鍛えるトレーニングを行うことで、引き締まり、気になる口元のしわを軽減できた人もいます。

 

口元のエクササイズとして手軽な手法で話題となっているものには、息を吸って頬をいっぱいに膨らませ、次に息を吐き、今度は頬をすぼませながら思い切り息を吸う、これを繰り返すというものがあります。
効果のほどは不明確ですが、手軽に出来るエクササイズとして実践されている人がいる方法です。

入浴中やメイク前など、様々なタイミングで手軽にできるフェイスの筋力トレーニングを行いつつ、アンチエイジングのコスメなどを併用することで、ほうれい線を目立たなくするためのたるみの引き締めを期待できると考えられます。
正確なエクササイズの方法やほうれい線に作用するコスメなどを含め、美容外科の指導など幾つかの情報源を得て、多角的な視点を持った上で自分に合った方法を試していくのがおすすめです。

 

おすすめのほうれい線対策コスメ

ほうれい線



関連ページ

ほうれい線ができはじめる平均年齢
ほうれい線ができはじめる平均年齢は?顔にできてしまうほうれい線は多くの方が年齢を重ねるにつれ目立ち始めてきます。ほうれい線ができはじめる時期には個人差がありますが、でき始める年齢を知る事で予防に役立てられるかもしれません。
紫外線対策
ほうれい線の予防のための紫外線対策について解説しています。紫外線によるダメージは光老化を引き起こし、肌にシワやたるみができる原因にもなりますので、紫外線対策ケアをもう一度見直してみましょう。