ほうれい線予防は毎日のケアが大切

ほうれい線は深くなると見た目年齢を上昇させてしまいます。
予防のためには日常からの生活習慣で気をつけておきたいポイントがありますが、内側からと外側からの両方から努力することが大切と考えられています。

 

ほうれい線予防の基本

乾燥対策を重点的に

まず肌の乾燥は弾力を低下させ角質層の硬化を招くと言われているので、紫外線はなるべく避け、まめに潤いを補給した方が良いと考えられています。
洗顔時に手やタオルでゴシゴシこするのは禁物です。

 

ターンオーバーが衰えていると感じた場合にはフルーツ酸を使用したピーリングを取り入れると肌が柔らかくなると評判です。

 

表情筋を鍛える

表情筋の衰えもほうれい線を加速させると考えられているので、日頃から努力して口角を上げ、毎日口を大きく色々な形にあけるなど周辺筋肉のトレーニングなどをすることは大切と考えられています。

 

体の巡りを改善してストレスを溜めない

身体の血行やリンパの巡りが悪い事も一因とされており、ヨガや半身浴などで普段から温めるようにしておくことが良いと考えられています。
また、喫煙や過度のアルコールは控えましょう。

 

食生活にも気を配りましょう

顔の筋肉を作るのに食べ物にも気を配る必要があるという説もあります。

 

大豆や魚など良質なタンパク質をしっかり摂ると共に野菜や果物などをバランスよく取り入れて酵素やビタミンを補給します。
柔らかいものだけを食べると筋力が落ちるとも言われていますから歯ごたえのある食材も適度に取り入れるのも良いと言われています。

 

栄養が偏りがちの場合にはサプリメントなどで補給するのも有効な方法です。

 

 

公式サイト

ほうれい線予防の方法記事一覧

 

顔にできてしまうシワにはほうれい線と呼ばれるものがあります。鼻から口のわきにかけてできるものになりますが、できはじめる平均年齢は、多くは30代前半と言われています。30代は肌の衰えが現れ始める年齢この年齢に達している方の多くは、顔の肌質に変化が出ていることが多く、コラーゲンなどの量も減少してくる人が多くなってくると言われています。人によっては10代や20代の若年層であってもほうれい線ができている方...

 
 

まぶたや目の下、アゴのラインなど垂水が目立つ顔のパーツはたくさんありますが、その中でもほうれい線は大変たるみが気になるパーツです。こうしたたるみの原因は皮膚の奥の弾力繊維の影響と、顔の筋肉の影響、大きく分けて二つの原因の関係性により起こってしまうと考えられています。顔のたるみを支える筋肉特にほうれい線が気になる口の周りには多くの筋肉があります。口角を外側に引き上げてエクボを作る笑筋、唇を閉じる働き...

 
 

ほうれい線は年齢による肌の筋肉やハリが低下することで起こるのが大きな原因ですが、他にも紫外線ダメージによる光老化でしわやたるみを引き起こす場合があります。紫外線対策というと美白というイメージがありますが、しっかりと紫外線対策を行うことで、ほうれい線の予防にも役立つと言われているので、しわケアだけでなく、紫外線対策を行いながら、美白も得られる美白化粧品でのスキンケアもしっかりと行うことが美しい肌の維...