ほうれい線の整形手術の種類と費用について

ほうれい線を整形手術で解消するには、ゴールデンリフトと呼ばれる方法とプチ整形による方法がありますが、整形手術費用は比較的高額な手術である場合が多いようです。
プチ整形と呼ばれる程度の手術でもほうれい線を軽減することができる場合もあるようですが、やはり個人差があるようです。
費用の相場はクリニックごとに異なるため、複数のクリニックを比較して選ぶ必要があります。

 

プチ整形でほうれい線を解消するにはヒアルロン酸注入が一般的とされています。
ヒアルロン酸注入は永久的に効果が続くのではなく、一定の期間が経てば体内に吸収されて効果が薄れてきます。

 

ほうれい線の整形手術費用の相場

ほうれい線,整形,手術,費用,効果

設定金額の幅が広いため簡単に相場を表すことは難しい部分もあります。
美容整形のクリニック各社のおおよその費用を比較しておき、参考として知っておくことも一つの目安となります。

 

美容外科などでのほうれい線の整形手術は5万円程度から20万円程度までの価格設定が多いようです。
ですが、クリニックによって異なるため、料金の他にも技術力やアフターケアを重視して選ぶことが大切です。

 

クリニックは医療機関ですが、整形手術は保険外の自由診療となります。
健康保険ではできない高度な治療を行うため費用が高くなりますが、一般に審美目的で行われているため割高になってしまいます。

 

整形手術費用はクリニックの技術力をそのまま示すものではありません。
高ければいいというわけではありませんし、安ければ良いというわけでもないのです。

 

継続して効果を発揮するには定期的に施術を受ける必要がありますので、初回の費用だけではなく二回目以降の費用を比較することも効果を持続することに寄与すると言われています。

 

美容整形外科で受けられるほうれい線治療の種類

加齢により皮膚の保湿力と弾力が衰えてくるとほうれい線はくっきりと目立つようになり、マッサージなどの自己ケアでは対処しきれなくなることもあります。

 

美容整形外科では、ほうれい線のタイプと料金に応じて様々な施術メニューがありますが、かつて主流であった糸でひっぱりあげるアプトス法などよりも手軽で短時間でできる施術法が主流になりつつあります。

 

日々のほうれい線のスキンケアなどで結果が得られず、美容整形などの外科治療を検討されている場合には治療機関選びの他に治療内容も重要ですのでチェックしておきましょう。
ここでは、美容整形などで紹介されている施術法の種類をご紹介します。

 

ボトックス注射

一定期間でもとに戻ってしまいますが、筋肉の麻痺作用を利用するボトックスは皮下注射だけで済むので最も手軽な施術の部類に入る治療法とされています。
より本格的な美容整形の対策法としては細い金の糸や突起の付いた人体に無害な糸を皮膚下に埋め込み毛細血管を活性化させることで肌をふっくらさせるリフト法があります。
格子状に埋め込む糸は特殊な注射を使うので切開する必要はないとされており、また半永久的に効果は持続すると解説されています。

 

自分の血小板をカクテル溶液に混ぜて注入する方法は拒絶反応が少ないと言われており、自然なラインを保てるのが利点とされています。

 

レーザー治療

レーザー機器で複合の光波を直接肌に照射し、内部から新陳代謝を活性化する方法もありますがほうれい線はかなり薄くなると言われています。
高価で入院も必要になりますがメスを使ってレチノールを入れたり、物理的に頭皮に向かって縫う方法もあるようです。

 

ウルトラリフト

ウルトラリフトは湘南美容外科クリニックが、切らないレーザー治療の中でも「切るリフトアップ治療」に匹敵する効果を得られると考えられている施術法です。
皮膚表面にダメージを与えないと言われているため、治療を受けても日常生活に影響がないのでダウンタイムを気にする方には嬉しい治療法とされています。

 

 

他にもエステなどではフェイシャルエステのリフトアップコースなど、多くの施術がありますので、美容整形で外科治療を行う前には実際に無料カウンセリングなどを受ける事で疑問を解消するなど、しっかりと不安を取り除いてから治療方法を選ぶことが大切ですね。

 

 

公式サイト

ほうれい線と美容整形治療記事一覧

 

気になる肌トラブル、シワにも色々なものがあります。額の大きなしわ、目尻のカラスの足跡のようなしわは表情じわと呼ばれるもので、肌表面に細かく散りばめられたしわはちりめんじわと呼ばれます。このちりめんじわは乾燥をケアして保湿してあげることで、解消することができると言われていますが、なかなかケアが難しいのが表情じわです。口元のほうれい線も表情じわの一種ですが、年齢とともに目立ってきてしまうのが困りもので...