ピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームが選ばれている理由と魅力

ほうれい線,,Pure&Silk,ピュアアンドシルク,薬用美肌クリーム,効果

安心して使える

エイジングやほうれい線、たるみなどスキントラブル対策クリームのピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームが多くの人に選ばれている魅力的な理由は、合成香料や鉱物油、バラベンやアルコールなどの成分が無添加である点です。
刺激性のある成分を使用していないので、お肌のデリケートな方でも安心して利用することができます。
赤ちゃんに使ったとしても大丈夫なほど使用成分にこだわっているので、敏感肌の方でも安心して使い続けることができます。

 

乾燥する季節の肌ケアにも役立つ

ピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームは口元のしわやたるみ、エイジングに期待できる、乾燥や紫外線、ほこりからお肌をしっかりと守るための土台作りに役立ちます。

 

空気が乾き、風が強くなる冬の季節には、ピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームの実力を体感することができます。
一日に2回しっかりとお肌に染みこむように塗ってケアします。

 

安心して使える安全な成分で、直接お肌に栄養を届けることができるので、年齢肌対策にプラスしたい保湿化粧品です。

 

商品情報

ピュアアンドシルク Pure&Silk

ピュアアンドシルクバナー

ピュアアンドシルク画像

通常価格

8,380円

定期コース

4,666円〜

送料

送料無料

内容量

15g

化粧品種類

クリーム

特典

60日間返金保証


ピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームの使い方

ほうれい線,,Pure&Silk,ピュアアンドシルク,薬用美肌クリーム,効果

 

 

ピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームは、チューブタイプのクリームで、清潔な状態にした指の腹にクリームを適量とった後、指全体で優しくマッサージするようにしてほうれい線周りに塗布します。

 

毎日2回以上繰り返すことで、肌に張りを与えるとともに、肌の新陳代謝の周期を正常に戻すための保湿ケアを行えます。

 

有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合

ピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームは、有効成分として抗炎症作用や抗アレルギー作用、殺菌・解毒作用があるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているのが特徴です。
この他にもローヤルゼリーエキスやヒアルロン酸などの美容に役立つ成分が多数含有されています。

 

ピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームの内容量や価格

ほうれい線,,Pure&Silk,ピュアアンドシルク,薬用美肌クリーム,効果

1本の内容量は15gで、この量で約1ヶ月間使用できます。

 

価格は通常購入の場合は8,380円(税抜)ですが、定期購入をすると1本4,666円(税抜)で購入できます。

 

定期購入を選択した場合は、送料と代引手数料が無料となるので、長期間継続して使用する場合は定期購入をした方がお得です。

 

また、クレジットカードでの決済をした場合は4,666円から500円引きの4,166円で購入できるお得なプランも用意されています。

ピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームは60日間の返金保証の対応もしていますので、肌に合うかわからないという心配がなく試すことができます。


ピュアアンドシルの評価は?

ほうれい線周りの肌のたるみなど、口元のエイジングに人気のクリームです。

 

ほうれい線やたるみの原因は、乾燥、紫外線による肌のダメージに加え、加齢に伴う肌の衰えや、ストレスや睡眠など、様々な要因が重なって起こると言われています。

 

ピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームは、毎日塗ることで肌にハリと潤いを取り戻すことができると口コミを中心にその特徴が評判となっています。

 

ピュアアンドシルク(Pure&Silk)はここが人気

ほうれい線,,Pure&Silk,ピュアアンドシルク,薬用美肌クリーム,効果

ピュアアンドシルク(Pure&Silk)薬用美肌クリームが、他の商品よりも優れているポイントは無添加で優しくお肌をケアできるところです。

 

無添加成分

香料、パラベン、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、アルコールが一切含まれていません。

 

成分

有効成分グリチルリチン酸をはじめ、お肌が喜ぶビタミンA、ローヤルゼリーエキス、天然ビタミンE、ヒアルロン酸などの美容成分が配合されています。

 

使うほどに、肌の潤いを守ります。一度にたくさんの量を塗るよりも、3回、4回と塗る回数を増やす方が、良いという声も挙げられています。