ほうれい線を治すセルフケアの方法

女性が歳を重ねると気になり始めるほうれい線ですが、やはり老けてみられてしまいますし目立ってくると顔を見られることも苦痛になってしまいがちです。

 

その原因は、弾力やハリがなくなってしまって潤いがなくなってしまうからで、ほうれい線を予防する方法は肌に潤いを与えて表情筋を鍛えることが効果的と言われています。
日頃からを使って肌を保湿して、顔のエクササイズをしてみましょう。

 

どんなエクササイズ方法がある?

ほうれい線をケアするためのエクササイズとして多くの方が実践しているエクササイズをご紹介します。

 

まず口をすぼめて、その口をキープしたまま頬の筋肉を上げます。
しわを伸ばすイメージで、口角を上げないようにするのがポイントです。

 

口周りの筋肉を鍛えるためには、大きな口を開けて「あいうえお」と10秒ずつキープするイメージで表情筋を意識しながらやると良いとされています。

 

中でも簡単でおすすめなのが、フグ体操です。
名前の通り、フグのように頬を膨らませたりへこませたりします。

 

何回か繰り返すと、顔の血液の循環が良くなると言われており肌も明るい印象になることを期待できます。

 

どれも自分で簡単に出来る方法ばかりなので、習慣にすることをおすすめします。

 

マッサージも合わせて行いましょう

他にも自分で出来るほうれい線を消すツボ押しマッサージも合わせて行うとさらに効果的と言われています。
小鼻のすぐ横にある迎香や、地倉という口角の外側、黒目と小鼻を結んだ間辺りにある巨りょうというツボがあります。

 

化粧品に頼るばかりではなく、日頃から表情筋を鍛えるエクササイズも実践してみることでほうれい線ケアへと繋がると考えられています。

 

おすすめのほうれい線対策コスメ

ほうれい線


ほうれい線のセルフケア記事一覧

 

年齢を重ねるにつれて肌の代謝機能が衰えてしまい、それにより今まであまり気にならなかったほうれい線に、悩まされるという方は多いでしょう。生活習慣や乾燥や紫外線といったものなども、ほうれい線を目立たせる原因となると言われていますが、このほうれい線にはマッサージも対策の一つです。またこのマッサージ法は肌に直接触れないので、肌が弱い敏感肌の人でもできるのが魅力です。実践者が行っていたマッサージの手順を下記...

 
 

ほうれい線ができる原因は、老化による筋肉のたるみが起こったり血の巡りが悪くなり新陳代謝が悪くなることにより起こると言われています。そのため、体の巡りを元に行われるツボ押しマッサージはほうれい線にもおすすめなのでは?と話題になっています。ツボの種類頬骨の下にあるツボ巨りょう(こりょう)まず、頬骨の下にある巨りょう(こりょう)というツボを解説します。鼻の両脇の小鼻の外側と黒目から真っ直ぐ下に下ろした線...

 
 

年齢と共に肌に加齢トラブルが起こるようになってきてしまったと実感している女性はかなり多いとされています。特に多い加齢トラブルとして、顔のほうれい線がくっきり肌に残ってしまう肌トラブルです。このほうれい線のシワがあるだけで老けた印象を相手に与えてしまう恐れがありますので、普段のスキンケアや顔の表情筋のエクササイズを行う事で加齢による肌トラブル対策をしていくことが大切になってきます。一般的にはこのよう...